ホーム 社会福祉法人ふれんどとは?(沿革) 施設一覧 求人情報 イベント情報 医療法人社団玄洋会グループ
苫小牧市新富町1丁目3番7号
TEL:0144-71-5005
地域包括支援センターは、住み慣れた地域で生活を
継続することができるよう、さまざまな方面から
高齢者の皆様を支える機関です。
【苫小牧市南地域包括支援センター】
 
認知症になっても地域での生活を継続するためには、認知症疾患医療センターや
医療機関、介護及び生活支援を行うサービスなどを活用し、連携したネットワークを
つくり、効果的な支援を行うことが重要です。
そのために、ネットワークづくりのコーディネーター(調整係)としての役割を
するのが「認知症地域支援推進員」です。
認知症の方の状態
に応じた適切なサ
ービスが提供され
るように地域包括
支援センター等の
認知症専門医療機
関介護サービス提
供者や認知症サポ
ーター等、地域で
認知症の方を支援
する関係者との連
携を図ります。
認知症の方に適切
なサービスが提供
されるよう、介護
・医療・地域サポ
ートなどの各サー
ビスとの連携支援
を行います。
地域の認知症支援
体制を構築し地域
の実情に応じて認
知症の方や、その
ご家族を支援します。
もの忘れ症状のあ
る方やそのご家族
などに必要なサー
ビスに関する専門
的な相談・助言を
行います。
医療機関へ受診困
難な方、介護サー
ビスが利用困難な
方への支援を行い
ます。
認知症の方が住み慣れた地域で生活していくためには、できる限り早期に対応する
ことが重要です。
認知症初期集中支援チームとは、複数の専門職員が認知症が疑われる方や認知症の
方及びそのご家族からのご相談を受け、認知症について早期診断、早期対応に向け
た支援を包括的、集中的に行い、自立生活をサポートするチームです。
二次予防事業とは、要支援・要介護認定を受けていない65歳以上の方を対象に、日常生活の状況や交流状況、
生活実態等を把握する事業です。
個人情報保護の観点に留意し、介護予防ケアマネジメントや事業実施の際に活用することに同意を得ながら、
対象となる方の生活状況の把握を行い、介護予防事業への参加を促進します。

□日 時: 毎週金曜日10:00~12:00  □参加費:無料  □場 所:青葉・大成集会所
□対 象: 65歳以上の介護認定を受けていない方。「健康自立度アンケート」により、「介護予防事業の
利用が望ましい」と判断された方。
□対 象:65歳以上の介護認定を受けていない方。
□参加費:無料(これから教室のみ、調理実施時に材料費をいただきます。)