ホーム 社会福祉法人ふれんどとは?(沿革) 施設一覧 求人情報 イベント情報 医療法人社団玄洋会グループ
ふれんどトップページ>リハビリテーション部
社会福祉法人ふれんど ふれんどリハビリテーション部
いつまでも、安心なシニアライフを理学療法士・作業療法士・柔道整復師が日常生活上に必要なリハビリを提供します。
ふれんどリハビリテーション部では、ご利用者様の日常生活において、理学療法士・
作業療法士・柔道整復師が連携し、ご利用者様、お一人おひとりの個別機能訓練計画
を作成しご利用者様ご自身で出来る能力が失われないように、専門的な立場から運動
や機能訓練、体操などのリハビリを実施していきます。
個別機能訓練
生活上で必要な動作や判断力を維持または低下の予防
一対一で行なう場合と、ある程度の小集団で行なうプログラムがあり、それぞれ個別の機能訓練計画に基づいて訓練を行っていきます。
個別機能訓練の実施にあたっては、担当ケアマネジャー・看護職員等のスタッフが共同して、ご利用者様お一人おひとりの日常生活に関わる動作状況を評価し、ご家族のご意見も取り入れた、ご利用者様の機能向上のための個別の機能訓練計画を作成します。この計画書に基づきリハビリを行います。
グループリハビリ
リハビリを行うことは、一日の生活リズムを形成するためにも、
また、日中の集中力や覚醒を高め、夜間の不眠などの改善にも
効果的です。
グループリハビリは遊び感覚で、集団でゲームや体操を行い、
運動不足やストレス解消を目的としたリハビリテーションプロ
グラムです。
高齢者の方の介護は、ご利用者様ご自身が出来る機能を見極め、
その方に適した介護を行うことが大切です。
ご利用者様に対する介護方法について、専門職の立場から、利用者
様の個別に即した介護方法や車椅子・歩行器等の福祉器具使用の
必要性などについてリハビリテーション部が検討を行っております。
ストレッチ体操といえば、運動を始める上で、基本中の基本といわれています。
短い時間で簡単に行え、特に久し振りに運動をする前や、畑仕事など身体を使った
仕事を行う前に、ストレッチ体操をすることで、ケガの防止や筋肉痛を軽減につな
がります。
体力が衰えて横になりがちな高齢者の方にも、無理することなく取り組めるのが
ストレッチ体操の利点です。
ストレッチ体操を日々の日課に取り入れることによって、生活のリズムもでき、
心身ともにリフレッシュされるという効果もあるので、生活に取り入れてみましょう。
今回ご紹介するのは、現代人に多い「腰痛を和らげる目的と腰痛防止のための簡単な
ストレッチ」です。
(1)
(2)

(3)

(4)


(5)

(6)
(7)
(8)
急な動きはせずに、ゆっくりと、はずみをつけず、時間をかけて少しずつ伸ばしましょう。
伸ばすのは「気持ちよい」と感じるところまでにしておきましょう。
痛いと感じるほど伸ばさないようにします。
息を吐きながら伸ばし、動作を止めているときは自然な呼吸を心がけます。
息を止めすぎないようにします。
からだが冷えて固まっているときには、伸びにくくなっているので、軽いウォーキングや
入浴などで、体を温めてから行うと安全で、効果もアップします。特に朝起きた直後は
気をつけましょう。
年齢とともにからだが硬くなり、痛みに対しても鈍くなっていることがあるので、
慎重にジワーッと伸ばしていき、伸ばしすぎないようにしましょう。
少しずつ、全身をムラなく伸ばすのが理想的です。
体の柔軟性には個人差があるので、自分のペースで無理なく行いましょう。
身体に疾患がある方、かかりつけ医が居る場合は医師に相談の上おこないましょう。
姿勢が悪い、筋肉疲労、腰の筋肉が弱いなど腰痛の原因は
様々ですが、腰周りの筋肉をほぐして伸ばすことで痛みが
和らぎます。
痛みで横になれない人でも出来る、椅子を使ったストレッチを
紹介します。
▲このページのTOPへ

ケアハウス「はぁ〜と」(80床) デイサービス「そよかぜ」(標準型)(46名対象) 居宅介護支援事業所「フレンドリーハウス」 認知症高齢者グループホーム「のどか」(2ユニット18名) デイサービス「そよかぜ」(認知症)(12名対象)